マリンピア日本海からのお知らせ

10/15ゴマフアザラシ(愛称ミミイ)を展示プールに移動します

10/15(火)、3月31日に生まれたゴマフアザラシ(愛称ミミイ)を展示プールに移します。

○展示プールへの移動予定日時 10/15(火)11:30ころ

ミミイ(20191009撮影)

ミミイ(20191009撮影)

授乳が終了した4月末から、自力で餌を取るトレーニングなどのために個室にて飼育展示していましたが、順調にトレーニングが進んだため、このたび展示プールへ移します。
しばらくの間は、他のアザラシを警戒したり、餌をうまく食べられなかったりしますが、徐々に慣れていきます。
どうぞ見守ってください。

10月7日~ ペンギンの散歩道で解説

暑さがだいぶ和らぎましたので、「ペンギン解説」は10月7日(月)からペンギンの散歩道で行います。
解説と共に、より間近でフンボルトペンギンをご覧ください。

カマイルカの仔 ぐんぐん成長中!10/12up!

2019.10.12up!
カマイルカの誕生後、これまでに見られた変化をご紹介しています。
今回は「エサとトレーニング」に注目しました。

今月に入り少しずつ餌の量や形を変えています。今はサバを小さく切ったものと、イカナゴを細く切ったものを与えています。今月末には1日あたり250〜300gぐらい食べるように体調を見ながら少しずつ増やしていく計画です。
仔は笛が鳴ると餌がもらえることを少しずつ理解してきました。そのため笛を吹くと顔を上げる行動が出ています。上アゴの歯は吻先部分を除き生えてきたので、噛まれると痛いです。口を開けないと餌は与えられませんが、カマイルカの歯は鋭いのでいつもパクパク来られるのは困ります。口を閉じる行動を増やしながら餌を与えるトレーニングは難しいところです。

口を開けるトレーニングの様子

口を開けるトレーニングの様子

 

2019.9.26
7月29日のカマイルカの出産はマリンピア日本海初の出来事でした。誕生からまもなく2か月、これまでに見られた変化をご紹介します。

写真① 舌を出すカマイルカ仔

【写真①】 舌を出すカマイルカ仔。

【しっかり泳ぐ】
生まれた直後の仔は方向転換もおぼつかず、母親は壁に仔がぶつからないよう昼夜問わずにぴったりと寄り添っていました。仔の泳ぎがしっかりしてくるにつれて、母親の誘導は徐々になくなり、今は2頭が離れている時間も多くなっています。最近の仔は母親の行動を真似た逆立ちや立ち泳ぎ、ジャンプなどいろいろな動きをしています。
水底で鼻から出したエアーを水面に上がってしまう前に口でキャッチするなど、遊んでいると思われる行動も出ています。

【ぐんぐん成長】
生まれて1ヶ月頃からトレーナーや餌に慣らすトレーニングを行っています。毎回ショーの片づけを終えたタイミングで母親にエサを与えていますが、その横で別のトレーナーが仔にもエサのサバを与えています。食べさせている量は1日あたり30~50グラムとごくわずか。どれくらい消化できるか不安なので、増量は少しずつです。2か月で体がぐんと大きくなりましたが、栄養の大半を母乳からもらう期間はまだ続きます。
授乳の時、仔は口先と舌も使って吸い付きます。舌の動きを見ると、吸盤のように押し当てて使っているようです。【写真①】は口から舌をぺろりと出した一瞬ですが、舌がこれだけ動くのは仔イルカならでは。舌のふちにヒダがあるのも特徴的です【写真②】。成獣の舌【写真③】と比べてみてください。
ちなみに母親のエサは1日11㎏!通常は7㎏ですが、授乳期間はエサもたっぷりです。

 

写真② カマイルカ仔の舌

【写真②】 カマイルカ仔の舌はふちにヒダがあります。

写真③ カマイルカ成獣の舌

【写真③】 カマイルカ成獣の舌。成長すると舌は厚くなりヒダはなくなります。

海底を泳ぐアカムツの撮影に成功

海底を泳ぐアカムツの撮影に成功しました。

アクアマリンふくしま「ふくしま海洋科学館」と実施した共同研究により、新潟県新潟市西蒲区間瀬沖の水深150m付近で、海底を泳ぐアカムツを撮影することに成功しました。撮影には、アクアマリンふくしまが所有する水深300mまで潜航可能な水中探査機(ROV)を使用しました。

アカムツは、水深100~300m(成魚は主に200~300m)に生息するスズキ目ホタルジャコ科の魚で、高級魚「のどぐろ」として有名な魚です。新潟市水族館が面する佐渡海峡では、8月下旬から9月下旬にかけ、成魚の多くが水深100m付近まで移動してくることが分かっています。この時期のアカムツは生殖巣が発達した成熟個体が多く、移動は産卵のためと考えられています。

本調査は、謎の多い本種の生態を探り、飼育下で困難となっている繁殖行動のきっかけを見つけることなどを目的として、成魚が浅い海域に移動する8月下旬~9月下旬に、2015年から毎年実施してきました。これまでに調査した水深は、102~208mで、今までに知られていなかった生物の天然海域での生態などが多数確認されています。撮影された生物は約55種に上りますが、過去3回の調査では目的としたアカムツの撮影に成功できておらず、本種の繁殖生態の解明には至っていませんでした。

今回の調査は、これまで同様に、浅い海域に移動する8月下旬(2019年8月26日)に実施しました。水深125~187mをくまなく調査した結果、水深150m付近の砂泥底で、幼魚(水深152m)と成魚(水深154m)の2個体を撮影でき、本種が天然海域で生息している様子を確認することができました。映像から、海底から近い場所に定位し、活発な遊泳をしないことが明らかとなり、水槽内での行動と同じであることが確認されました。その他、幼魚期の生息水深や本種の好む底質などが分かり、生態を知るうえで、とても貴重な情報を得ることができました。

今回撮影された映像や調査によって得られた情報等は、当館で来年開催予定の開館30周年記念企画の中で公開展示いたします。

尚、2018年までに撮影された映像は、本館1階の体験・学習ゾーンにある「アクアラボ」で公開中です。

アカムツ 推定2歳齢以上

アカムツ 推定11か月齢

 

 

消費税増税に伴う入館料の変更はございません

10月1日からの消費税増税に伴う入館料の変更はございません。

各種従来通りの料金となります。

ご予約方法、満席情報について

・ 「10人以上の団体のお客様のお食事場所」、「免除申請」、「予約受付開始日」などについては、ご入館及び食事場所の予約方法についてpdfご利用案内免除申請でご確認ください。

ご予約状況(団体休憩室とドルフィン・スタジアムの満席情報)

■団体休憩室 (本館2階) のご利用制限について
以下の日時はご予約やイベント開催などによりご利用いただけません。ご協力をお願いいたします。

【ご予約による満室の日時】 【イベントなどによりご利用いただけない日時】
10/1(火):12:00~12:30
10/2(水):11:30~12:30
10/3(木):11:30~12:30
10/4(金):11:30~12:30
10/11(金):11:30~12:30
10/16(水):11:30~12:30
10/18(金):11:30~12:30
10/25(金):11:30~12:30
10/31(木):11:30~12:30
10/6(日):9:00~17:00
10/12(土):9:00~12:30
11/9(土) :9:00~12:30
2020/1/18(土):9:00~12:30
3/21(土):9:00~12:30

 

■ドルフィン・スタジアムのご利用状況について
雨天にご来館の場合、次の日時で「ドルフィンスタジアムでの昼食(ショー以外の時間帯)」は団体予約で満席(着席定員=約800名)となる予定のため、予約はできません。
なお、「イルカショーの観覧」については予約制ではありませんが、次の日時は多くの団体が観覧する予定のため、事前に把握している人数は着席定員に達しています。団体以外の来館者もいらっしゃることから、なるべく席を詰めて観覧していただくよう、ご協力をお願いします。
(晴天の場合は、十分余裕があります)

日付 ドルフィンスタジアムでの昼食予約 イルカショー観覧
 10/3(木)  11:00~(満席)

 

子育て支援パスポートがご利用いただけます(全国共通)

2018年3月3日(土)から、全国の「子育て支援パスポート」がご利用いただけます。

【サービス内容】
パスポートの提示で1回につき5名様まで入館料を20%減免いたします。

区分 通常料金 減免後料金
大人 1500円 1200円
小中学生 600円 480円
幼児(4歳から) 200円 160円

 

【ご利用いただける子育て支援パスポート】

新潟県:トキっ子くらぶ

●新潟県でのサービス運営主体…トキっ子くらぶ – にいがた子育て応援団外部リンクです。当サイトを離れます。
●その他「全国の子育て支援パスポート」がご利用いただけます。新潟県以外の参加自治体情報は内閣府のwebサイトをご覧ください
内閣府:子育て支援パスポート事業の全国共通展開について外部リンクです。当サイトを離れます。
子育て支援パスポートについて、詳しくは内閣府のwebサイトをご覧ください子育て支援パスポート事業概要外部リンクです。当サイトを離れます。

新潟広域都市圏共通割引券(旧市民割引券)について

H29年度まで市報にいがたへ「市民割引券」として掲載していたものは
H29年11月より「新潟市広域都市圏共通割引券」に変更されました。
市報にいがた(別冊)への最新掲載日は2019年3月17日発行第2691号です。
マリンピア日本海のほか、新潟市広域都市圏外部リンクです。当サイトを離れます。にある
複数の指定施設の割引が受けられます。

「新潟市広域都市圏共通割引券」について
詳しくは市報にいがた外部リンクです。当サイトを離れます。H29年11月12日発行第2643号をご覧ください。

問合せ先:新潟市文化政策課外部リンクです。当サイトを離れます。(電話:025-226-2560)

ミュージアムショップマリンピアハートおすすめ情報

「期間限定!フォトスポット作りました!」
ミュージアムショップマリンピアハート店内に、フォトスポットを期間限定で作りました。
いろんなフォトアイテムもご用意しておりますので、ぜひ記念に
撮影して下さい。

期間:2019年9月25日(水)~10月14日(月・祝)


オススメ商品情報!

ミュージアムショップでは入館しないでもお買い物ができます!
ショップオリジナル商品のほか、新潟のおみやげも各種取り揃えておりますのでぜひお立ち寄りください。


「オリジナル缶バッジ(クリップ付き)」
全5種類 各260円(税込)
大人気のマリンピアオリジナル缶バッジに新柄追加です。
ご要望にお応えして留め具はクリップとピンになりました。
大きさもお値段もお土産にピッタリのお求めやすさです。

オリジナル缶バッジ¥250

「オリジナルチョコインサブレ」
450円(税込)
大きなサブレが5枚入り ケシゴムのおまけつき♥

オリジナル
チョコインサブレ

「オリジナルトートバッグ(ペンギン)」
1100円(税込)
フンボルトペンギンの親子がデザインされたトートバッグ。
マチつきでA4サイズも入ってとっても便利。

オリジナルトートバッグ

「オリジナルブックマーカー」
495円
海のいきものがステンドグラス風に透けて見える爽やかなデザイン。

ブックマーカー

ブックマーカー

 

2Fレストラン海の音 おすすめメニュー

本館2Fレストラン「海の音」・屋外売店「ドルフィンジャンプ」からのお知らせです。

おトクな年間パスポートの提示で、いつでもおトクに【2Fレストランメニュー全品10%OFF!】※屋外売店は除く

※2019年10月1日から一部メニューの料金を変更いたします。詳しくはメニューをご確認ください。レストラン海の音メニュー(2019年10月1日改定)


大好評!シーフードシリーズ♪

のどぐろとカニの特上天丼¥1620

のどぐろとカニの特上天丼¥1620

のどぐろ(アカムツ)天と海の恵み刺身定食¥1480

のどぐろ(アカムツ)天と海の恵み刺身定食¥1480

日本海海鮮丼¥1080

日本海海鮮丼¥1280


屋外売店「ドルフィンジャンプ」

のどぐろドッグ

のどぐろドッグ¥600

塩バニラソフトクリーム¥400

ちんあなごチュロス¥400(シナモン/塩キャラメル)

ちんあなごチュロス¥400
(シナモン/塩キャラメル)


館内レストラン「海の音」、屋外売店「ドルフィンジャンプ」その他のメニューはこちら外部リンクです。当サイトを離れます。
※価格はすべて税込みです。※アレルギー情報についてはスタッフにお問い合わせください。

上部へ