ラッコの死亡について(続報)

ラッコ「クータン」の死亡などに関する詳しい情報をお知らせいたします。

○死亡個体
種名:ラッコ (学名Enhydra lutris)
愛称:クータン
性別:オス
年齢:18歳
死亡日:2020年3月23日

○経過
死亡前日の3月22日まで元気な姿を見せていましたが、3月23日午前8時40分に死亡しているのを確認しました。

○死因
獣医師の解剖の結果、死因は腸捻転(ちょうねんてん)と考えられます。

○今後の展示について
展示内容  クータンの過去の映像放映、当館ラッコ飼育の歴史など
展示期間  2020年3月28日(土)~2020年5月31日(日)
展示場所  水辺の小動物(ラッコ水槽前)
※今後の展示生物は未定です。


【参考資料】

○ラッコについて
学名:Enhydra lutris
英名:sea otter
分類:食肉目イタチ科
分布:北太平洋東部から北西部沿岸(北海道、千島列島、アリューシャン列島、アラスカ、カリフォルニア)
形態:体長100〜130cm 体重15〜45kg
寿命:15〜20年
環境省、IUCNレッドリストで絶滅危惧種

○日本国内におけるラッコの飼育状況
(公社)日本動物園水族館協会 ラッコ国内血統登録台帳(2019年)より
2019年12月31日時点、国内で飼育(生存)している個体数(クータン含む)飼育個体数8個体(オス3個体、メス5個体)

○クータンの飼育経過
2001年5月28日 のとじま臨海公園水族館で出生。
2002年12月2日 ふくしま海洋科学館アクアマリンふくしまへ移動。
2006年12月6日 メスのナナとともに当館へ移動。
2009年3月25日 繁殖を目的として神戸市立須磨海浜水族園へ貸出(繁殖せず)。
2012年3月21日 繁殖を目的として大阪・海遊館へ貸出(繁殖せず)。
2013年6月26日 当館へ移動。
2020年3月23日 死亡。

○国内で飼育中のラッコについて

愛称 性別 飼育施設 年齢
ラスカ メス のとじま水族館 24歳(推定、野生個体)
ラッキー オス 須磨海浜水族園 21歳
アスカ メス 須磨海浜水族園 21歳
クータン(3/23死亡) オス 新潟市水族館 18歳
メイ メス 鳥羽水族館 15歳
リロ オス マリンワールド海の中道 12歳
キラ(愛称非公表) メス アドベンチャーワールド 11歳
マナ メス マリンワールド海の中道 8歳

最後に、これまでラッコ「クータン」をご覧いただき誠にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

上部へ