いきもの情報:佐渡海峡の深海生物

佐渡海峡の深海生物がご覧いただけます

冬季は、深海生物の採集シーズンとなります。新潟近海の夏季の表層水温は約25℃まで上昇しますが、冬季には約10℃まで低下します。深海は低水温のため、水温差の小さい今が、状態良く採集できる絶好の時期となります。

コンペイトウ

深海生物の採集には漁師さんのご協力が必要です。お世話になっている漁港では、冬季に水深300m付近で底びき網漁が行われます。そのため、いろいろな深海生物を入手できるチャンスも重なります。

漁師さんは食用にならない生物は沖で放流されるのですが、偶然、漁獲物に紛れていたコンペイトウを見つけたことがありました。コンペイトウの生体展示は全国的に見ても珍しいです。そこでなんでも良いので持ち帰って欲しいとお願いしたところ、コンペイトウのほか、アバチャンがいました。アバチャンも生体を見られる機会がほとんどない深海魚です。しかも、佐渡海峡で採集されるアバチャンは、日本海にしか生息していないタイプでかなり希少です。

アバチャン

現在、コンペイトウやアバチャンに加え、ガンコ、ナガヅカ、トクビレ、ヤギウオ、ヒゲウミシダなど、生体展示されることがまれな深海生物が続々と集まっています。この機会に、佐渡海峡の深海生物をぜひ観察しにご来館ください。

 

コンペイトウ Eumicrotremus asperrimus     スズキ目 ダンゴウオ科

アバチャン Crystallichthys matsushimae      スズキ目 クサウオ科

上部へ