いきもの情報:シイラ

日本海大水槽にシイラを展示しました。

シイラ

シイラ

活魚輸送車で輸送中のシイラ

活魚輸送車で輸送中のシイラ

 

 

 

 

 

 

 

シイラは春から夏にかけて対馬海流に沿って北上し、新潟県でも見られます。
額の部分が、成熟したオスは角ばり、メスは丸みを帯びます。
稚魚は流れ藻に付いて生活し、成長すると沖合の潮目や漂流物付近で群れをつくります。
成長すると全長2mにもなる大型の魚です。

10月末に佐渡の定置網漁師さんの協力により、全長50cmほどのシイラを採集することができました。
水槽に入れた直後はあまりエサを食べず、痩せていたので心配しましたが、現在ではエサを水槽の中に入れた瞬間に食べるほどになりました。
水槽の水面を群れになって泳ぐシイラをぜひご覧ください。

シイラ Coryphaena hippurus
スズキ目 シイラ科 シイラ属

上部へ