企画展示「身近に潜む海のキケン生物」に、新たにオニヒトデとウミケムシを展示しました。

どちらも全身のトゲや毛に猛毒を持つ生物です。

今後も身近に生息している海の危険な生物の展示種数を増やしていく予定です。
ご期待ください。
オニヒトデ
学名:Acanthaster planci
直径30~60cm。サンゴ礁に生息。昼間は岩陰に潜む。腕は10~17本で、全身に毒のトゲをもつ。被害例もあり、刺されると激しく痛む。

 

 

 

ウミケムシ
学名:Chloeia flava
体長2~13cm。砂地に生息。夜行性で、昼間は砂の中に潜み、夜間に泳ぎ回る。剛毛に毒をもち、刺されると強く痛む。

 

 

 

企画展示会場ではキケン生物のリーフレットをお配りしています。
新潟の海に生息するキケン生物について、見やすくまとめてあります。
海のレジャーにお出かけになる前に、ぜひ手に取ってみて下さい。

上部へ