いきもの情報

さかなクンからいただいたイシガキフグを展示しました

さかなクンから寄贈されたイシガキフグ2個体を展示しました。
展示したイシガキフグは、千葉県館山市の定置網に入り、さかなクンのフィッシュハウスでケアされた個体です。

しばらく当館の予備水槽で様子を見ていましたが、環境にも慣れ、健康状態にも問題はないようなので展示を開始しました。
イシガキフグは、マリンピア日本海では1990年開館以来初めての展示となります。

イシガキフグ 愛称のほほんちゃん

さかなクン画 のほほんちゃん

 

 

 

 

 

 

 

イシガキフグ 愛称ピーちゃん

さかなクン画 ピーちゃん

 

 

 

 

 

 

 

イシガキフグはハリセンボン科ですが、体表にある多数の棘は太くて短く、ハリセンボンのように棘を立てることはできません。
同じ水槽の中には、同じハリセンボン科のネズミフグも展示していますが、棘で見分けることができます。

ネズミフグ

棘が長く、水槽の中で一番大きい個体はネズミフグです。
どちらも、暖流の旅ゾーンの「ドロップオフ水槽」で展示をしています。

ぜひ探してみてはいかがでしょうか。

 

▲上へもどる

ペンギンのタグを交換しました

10月2日にフンボルトペンギンのタグ(腕輪)を交換しました。

タグ交換作業の様子

健康管理のため体重計測も実施

フンボルトペンギンは2017年末現在、国内では80園館にて1855個体が飼育されています。

当館の飼育数は71個体と80園館中4番目に多い飼育数となっていますが、野⽣のフンボルトペンギンは絶滅危惧種であり、新しく野⽣個体を導⼊することはできません。

 

交換用タグ

そのため、日本動物園水族館協会外部リンクです。当サイトを離れます。(JAZA)が中心となり国内血統登録台帳を作成し、近親交配の防止や繁殖技術の向上に取り組んでいます。

このように血統の管理を行うためには個体識別が重要です。
当館では、体内にマイクロチップを埋め込み正確な個体識別を行うとともに、一見して個体識別できるように翼の付け根に管理用のタグ(腕輪)をつけています。
このタグは劣化するため、1年に1回、秋季に全個体のタグを交換しています。

▲上へもどる

いきもの情報(ヤナギ – 柳)

ヤナギの刈り取り

ヤナギの選別

敷地内にヤナギを何本か植えていますが、「柳都にいがた」だからではありません。

主に木を食べる草食動物であるビーバーに与えるために、毎日水をあげて大切に育てています。

 

 

ヤナギを食べるビーバー

 

 

時々、枝を刈り取った跡がありますが、ビーバーの餌になったと思ってご覧ください。

▲上へもどる

10月30日ラッコ水槽の清掃に伴う給餌タイム変更について

ラッコ水槽 清掃のようす

10月30日(火)にラッコ水槽の清掃を行うため、同日は次のとおり給餌タイムを変更いたします。
———————————————-
10月30日(火)のラッコ給餌タイム
①9:30 ②11:10 ③13:05 ④16:00
———————————————-
②③が通常スケジュールから変更されます
※清掃中もラッコを観察することができます。
④16:00は解説付き

・ラッコの展示水槽は、月に1回程度水を抜いて清掃しています。
作業時間は13:30~15:30を予定しています。
(都合により変更となる場合がございます)

 

▲上へもどる

アクアラボ体験 毎日実施中

アクアラボ体験 実施中です。

アクアラボ201411

アクアラボ内で飼育スタッフが20分程度解説を行います。
参加を希望される方は、開催時間までにアクアラボへ直接お集まりください。
定員は約25名です。

日付 曜日 時間 タイトル 内容
10月17日 13:00〜 イルカの食べているもの イルカが普段何をどれくらい食べているか解説します。
10月18日 13:00〜 クラゲの話 ミズクラゲの一生や刺すしくみの紹介、餌を与えて食ベる様子を観察します。
10月19日 13:00〜 プランクトンってなんだろう? プランクトンについて解説し、小型顕微鏡を使って観察します。
10月20日 13:00〜 アカムツの育成 アカムツの卵やフ化仔魚の標本を見ながら解説を行います。
10月21日 12:30〜 ヤドカリの観察 ヤドカリの体のつくりや餌を与えて食べる様子を観察します。
10月22日 13:00〜 クジラの話 クイズを行いながら、クジラやイルカについて解説します。
10月23日 13:00〜 プランクトンってなんだろう? プランクトンについて解説し、小型顕微鏡を使って観察します。
10月24日 13:00〜 動物のトレーニング方法 ショーや給餌解説でする行動がどのように作られているか、分かりやすく紹介します。
10月25日 13:00〜 かんたん!にぼしの解剖 煮干しを手で解剖し、体のつくりを観察します
10月26日 13:00〜 タツノオトシゴの話 タツノオトシゴを観察しながら、体のつくりや生態について解説します。
10月27日 13:00〜 カメの話 カメの体のつくりや、池や川にすむカメについて解説します。
10月28日 12:30〜 イルカの体 パズルを行い、イルカの体について解説します。
10月29日 13:00〜 クラゲの話 ミズクラゲの一生や刺すしくみの紹介、餌を与えて食ベる様子を観察します。
10月30日 13:00〜 カワウソの話 カワウソの体やヒトとのかかわり合いについて詳しく解説します。
10月31日 13:00〜 ゴマフアザラシの成長記録 ゴマフアザラシ「ヨイチ」の成長を例に、ゴマフアザラシの繁殖戦略を紹介します。
11月1日 13:00〜 フグとハリセンボンの話 フグとハリセンボンの特徴、違いなどについて解説します。
11月2日 13:00〜 ヤドカリの観察 ヤドカリの体のつくりや餌を与えて食べる様子を観察します。
11月3日 12:30〜 クマノミの話 クマノミの仲間や生態について解説します。
11月4日 12:30〜 アメリカザリガニの観察 アメリカザリガニの体のつくりを観察します。

・時間やプログラムを急きょ変更する場合がありますのでご了承ください。
・プログラム開催時間以外のアクアラボは、自由解放となります

▲上へもどる

フンボルトペンギンのヒナ展示デビュー(2018年)

2018年は5羽が展示デビューしています。
どうぞご覧ください。

個体のデータは以下の通りです。

個体番号 228
孵化日 2018年2月11日
デビュー日 2018年5月16日
タグの色 緑茶赤(腹側から読みます)
個体番号231
孵化日 2018年3月15日
デビュー日 2018年5月25日
タグの色 緑茶黄(腹側から読みます)
 
個体番号233
孵化日 2018年3月31日
デビュー日 2018年6月26日
タグの色 緑茶緑(腹側から読みます)
 
個体番号235
孵化日 2018年4月30日
デビュー日 2018年8月1日
タグの色 緑黄白(腹側から読みます)
個体番号237
孵化日 2018年6月21日
デビュー日 2018年9月20日
タグの色 緑黄赤(腹側から読みます)

ペンギン海岸の様子 ヒナ(幼鳥)、見つけられるかな?

▲上へもどる

「イルカバックヤードミニガイド」を開催します(7月〜11月 第2・4土曜日)

イルカバックヤードミニガイドポスター (pdf)

「イルカバックヤードミニガイド」を開催します(7月〜11月 第2・4土曜日)

普段入ることができないイルカバックヤードの見学を通して、飼育施設やイルカの生態について解説します。

日時 : 2018年7月〜11月 の 第2・4土曜日  11:40〜12:10

参加受付 : 開催当日 10:30 入口付近にて受付開始(開始時に希望者多数の場合は抽選)

定員 :各日 10名 程度

対象: 入館者

参加料:無料(入館料は必要です)

諸注意:イルカに触れるプログラムではありません。

見学コースには階段や段差、滑りやすい場所が含まれます。ご了承ください。

イルカショーの裏側(ウェイティングプール)

餌用の冷凍庫

▲上へもどる

「にいがたフィールドガイド」を開催します

毎月1回、にいがたフィールドの環境と、そこで見られる生物(いきもの)についてスタッフが紹介します。

定期実施日:毎月第3土曜日
2018年 4/21、5/19、6/16、7/21、8/18、9/15、10/20、11/17
2019年 3/16
(冬期12~2月を除く)

実施時間:12:00~12:20 約20分間
参加費:なし(要入館料)
参加方法:参加ご希望の方は、当日12:00までに「にいがたフィールド四阿(あずまや)」にお集まりください。

※悪天候等、状況により実施しない場合があります。
※観察できる生物は季節によって異なります。

シナイモツゴ

シナイモツゴ(3月撮影)

トキワハゼ

トキワハゼ(4月撮影)

クサガメ

クサガメ(4月撮影)

 

 


―にいがたフィールドとはー
2013年のリニューアルオープン時に整備された新展示ゾーンで、新潟市の内陸の自然環境(里山・ため池・小川・湧水・田んぼ・砂丘湖など淡水の水辺環境)を再現したエリアです。
里地の水辺環境について楽しく学ぶ施設として、また地域の在来希少淡水魚等の自然繁殖を目指したサンクチュアリとしての機能を合わせ持ちます。

にいがたフィールドの生物情報はtwittertwitter_logoで配信しています。

▲上へもどる

「ヨイチの成長記録」を新設しました

「ヨイチの成長記録」を新設しました!

マリンサファリの地下通路に2018年4月1日に誕生したゴマフアザラシ「ヨイチ」の成長記録を新設しました。

授乳中の動画や換毛の写真・現在の体重などを紹介しています。ぜひご覧ください。

   

▲上へもどる

フィールド小箱を設置しています

なにが入っているかな?フィールド小箱

屋外展示「にいがたフィールド」ゾーンに「フィールド小箱」を設置しています。
植物の果実など、にいがたフィールドで採集された生物標本が入っています。

実際の生物を、にいがたフィールドで探してみてください。

▲上へもどる