企画展示「水深100mを知るー水中探査機で見た!日本海の海底と生物ー」(12/1~3/31)

海底調査:ハゼ科の一種

海底調査:ハゼ科の一種

マリンピア日本海では水中探査機による日本海の海底生物調査を始めて3回目(4年目)となります。
今回は水中探査機を水深176メートルまで潜行させて、今まで撮影できなかった生物や海底地形の撮影に成功し、新たな発見が得られました。なお本調査は海洋科学館アクアマリンふくしまの協力を得て行われています。
普段見ることができない日本海の水中世界をご覧ください。

開催期間:2018年12月1日(土)〜2019年3月31日(日)
会場:本館1階 アクアラボ

遠隔操作型水中探査機(通称ROV)

遠隔操作型水中探査機(通称ROV)


主な展示内容
・水中映像
・水中探査機(遠隔操作型水中探査機:ROV)の縮小模型
・確認生物一覧
・海底環境パネル
・確認生物写真 など


関連情報
特別講演会「日本海北部における海洋環境と生物資源調査
日時 2018年12月8日(土)13:30~15:30
参加費 無料(入館料不要・要申込)

上部へ