研究会発表 抄録集

飼育下雄のカマイルカの血液中テストステロン値の増加と尿沈渣精子数の年変動

2005年 第31回海獣技術者研究会

展示課 ○新田誠,加藤治彦,進藤順治

新潟市水族館では、鯨類の繁殖生理研究の一環としてカマイルカ(2001年1月29日野生捕獲、雄、体長220㎝、体重120㎏)の血液中テストステロン(Tng/dl,以下T)と尿沈渣精子数(S個/HPF、以下S)の測定を定期的に実施している。
採血は月に1-2回行い、Tの増加が確認された後は週に1回とし、採尿は週1回の間隔とした。 採血は2003年1月13日-2004年12月14日、採尿は2003年1月8日-2004年12月2日の約2年間実施し、血液37検体、尿100検体の試料を得た。 血液はヘパリン処理をして血漿に遠心分離後、Tの測定を臨床検査機関へ依頼した。尿は尿沈渣を鏡検し、1視野400倍(HPF)の精子数を数えた。

Tの変動範囲は2003年が29-1158、2004年が35-4700であった。 2003年では7月上旬、2004年では6月下旬に急激に増加し、両年ともに7月に最大となり9月上旬に減少する傾向が見られた。 Sの変動範囲は、2003年が0-100<、2004年が0-494であった。2003年では7月上旬に出現し、8月下旬と10月上旬に100<を最高値とする増減を反復し、 11月中旬まで出現した(0.01-100<)。2004年では5月中旬に出現し、8月上旬と9月上-中旬に494を最高値とする増減を反復し、12月上旬まで出現した(0.02-494)。 尿沈渣精子は血中テストステロンの急激な増加後、35-49日遅れて高濃度で出現し、血中テストステロンの減少以降も21-48日間、不規則な増減を伴いながら出現することが認められた。


精子採取

▲上へもどる

飼育下カマイルカの尿性状

2004年 第30回海獣技術者研究会

展示課 加藤治彦、新田誠、進藤順治、鈴木倫明

尿は、非侵害的に得られる生物試料で、動物の健康や生理状態の判断に有効な指標であるが、水中生活者である鯨目尿試料の採取は飼育下 であっても困難なため、その性状に関する報告は少ない。上陸横臥姿勢での排尿行動を条件付け、採取した。雄のカマイルカ Legenorhynchus obliquidens 1頭(2002.1.29 野生捕獲、体長220㎝,体重120㎏)の尿性状について報告する。 2002年7月10日から2004年6月30日までの約2年間に亘り、約1週間間隔で合計103の尿試料を採取し、 22項目の物理、化学的検査等の結果、以下の知見が得られた。

【物理的検査】
色調:透明淡黄緑色, 尿比重(ATAGO尿比重屈折計ユリコンJE使用):(平均±標準偏差,標本数=)
1.050±0.004,103,採尿量(ml):37.7±33.1,103.

【化学的検査】
pH:6±0.4,102,ウロビリノーゲン(±):100%,タンパク(-):97.1%,糖(-):100%,ビリルビン(-):99.0%,潜血 (-):99.0%.

【電解質濃度】
尿素窒素(mg/dl):2826±308.6,101,クレアチニン(mg/dl):55±11.8,101,Na(mEq/l):247±62.4,102,
K(mEq/l):126±27.8,102,Cl(mEq/l):250±57.4,102,Ca(mg/dl):5±4.3,102,Mg(mg/dl):9±3.7,102,
P(mg/dl):147±40.1,102,浸透圧(m0sm/l):1867±134.9,102.

【沈渣の鏡検(400倍1視野当り)】
赤血球(<1個):99.0%,白血球(<1個):100%,上皮細胞(<1個):99.0%,精子出現頻度:31.1%.

▲上へもどる

血尿を呈したハンドウイルカの1症例

2003年 第29回海獣技術者研究会

展示課 鈴木倫明、加藤治彦、野村卓之、進藤順治、吉田直幸、松本輝代
新田 誠、○栗城智香、山際紀子、長谷川泉

飼育下のハンドウイルカ Tursiops truncatus gilli (メス、体重170㎏,体長257㎝) に血尿が見られた。症状及び治療経過 について報告する。2001年11月15日、ランディング時に赤色尿を確認。翌日、血液検査、尿検査を実施。尿検査の結果、 尿性状はpH7.5、蛋白+++潜血+++、尿沈渣では多数の赤血球、白血球、リン酸アンモニウム結晶が確認された。血液検 査結果、食欲、体温等の一般状態に異常は認められなかった。症状及び臨床検査結果より膀胱炎並びに尿路結石症 を伴う血尿症と診断。後日、尿培養より大腸菌が分離された。

治療は、尿培養によって得られた薬剤感受性試験結果に基づいた抗菌剤(OFLX、LVFX、CCL、MINO)と尿路結石治療 剤(ウロカルン)を経口投与とした。治療の結果、6週後の尿培養で細菌の発育が認められなくなり、抗菌剤の投与を終了 した。7週以降から尿は黄色を呈し、9週後にはpH6.0と酸性化し、潜血、蛋白は減少、尿沈渣はリン酸アンモニウム結晶 の消失、赤血球数の減少が見られた。14週後の尿検査において、尿は透明感のある黄色。pH6.0、尿沈渣で顕微鏡的 な微少出血が見られる程度となった。以後、潜血は確認されない。尿路結石治療剤は予防の為半年程使用した。

受診動作訓練に基づく定期的尿採取及び検査を実施し、結果を基に適切な治療が行え、治癒の転帰をとった。2003 年8月21日現在、再発は見られない。

▲上へもどる

シナイモツゴの遺伝的変異個体群と飼育下保存

2002年 第47回水族館技術者研究会

展示課 加藤治彦、鶴巻博之、山田篤、小川忠雄、鈴木倫明
東京水産大学 渡邊精一

シナイモツゴは、絶滅危慎IB類(環境庁、1999)に評価される日本固有亜種である。本亜種の保全に資するため遺伝学的集団解析を行った。
新潟県内外18地点から得られたモツゴ属3タクサ324個体を用い、アロザイム電気泳動法による遺伝学的解析を行った。集団間の遺伝的類縁を解析するため12個体群の遺伝子頻度をもとに、Neiの遺伝的距離を求め、 UPGMA法を用いてクラスター分析を行った。

分析の結果、シナイモツゴ6個体群とウシモツゴ1個体群の2亜種で1クラスター、モツゴ5個体群は別クラスターとなり形態による分類と整合した。一方、シナイモツゴ6個体群内の1個体群が他の個体群と遺伝的に大きく異なっていること(Nei’s D=0.108)が示された。この遺伝的相違は、推定された7酵素10遺伝子座の内、LDH-2遺伝子座の対立遺伝子の完全置換に基くもので、本亜種の遺伝的形質に隻団による変異があることが示された。
本個体群は、遺伝的撹乱防止のため他個体群との隔離が必要である。新潟市水族館では、本個体群のみを飼育下保存の対象とし、2001年9月28日に65個体を野生生息域より導入、2002年8月31日現在,約200尾の繁殖個体を保持している。今後、飼育下での単型化の対策、生息環境のモニタリング、保全啓発活動などが課題と思われる。

▲上へもどる

飼育下ハンドウイルカの尿性状

2002年 第28回海獣技術者研究会

展示課 鈴木倫明、加藤治彦、野村卓之、進藤順治、吉田直幸、○新田 誠
栗城智香、山際紀子、長谷川泉、石田祐子

尿は、動物の健康や生理状態の判断に有効な指標である。新潟市水族館では、飼育下鯨目の尿を週1回の頻度で 定期的に採取し、検査している。雌のハンドウイルカ Tursiops truncatus gilli 5頭(体長245~298cm、体重185.0~ 275.0kg、飼育年数3~15年)の尿性状について報告する。尿は、上陸横臥姿勢(=サイドランディング(平野他、1999)) での自発的な排尿行動をオペラント条件付けにより強化し採取した。検査項目は、物理的検査、化学的検査、沈渣の 鏡検、電解質濃度である。2001年12月6日から2002年11月27日までの約1年間で、合計201検体の尿標本が得られ、 19項目を検査した。尿性状の範囲を以下に示す。

【物理的検査】 色調:淡黄色、尿比重:1.027~1.062、採尿量:3~160ml
【科学的検査】 pH:5.0~7.5、ウロビリノーゲン:±~+、タンパク:-~+、糖:-、ビリルゲン:-~±、潜血-~++
【沈渣の鏡検】 赤血球:<1~10個/1視野400倍、白血球:<1~2個/1視野400倍、上皮:1~5個/1視野400倍
【電解質濃度】 尿素窒素:844~3123mg/dl、クレアチニン:28.7~192.5mg/dl、Na:165.0~620.0mEq/l、K:32.5~ 166.0mEq/l、Cl:205.0~620.0mEq/l、Ca:0.3~35.0mg/dl、Mg:2.0~16.5mg/dl、P:20.1~185.0mg/dl、浸透圧:1361 ~2356mOsm/kg

▲上へもどる

ハンドウイルカの採尿訓練概要と尿比重

2001年 第27回海獣技術者研究会

展示課 鈴木倫明、加藤治彦、野村卓之、進藤順治、○吉田直幸、松本輝代
石川訓子、新田 誠、山際紀子、長谷川 泉、長谷川直美、武者美奈絵

動物の尿は、当該個体の健康や生理状態の判断に有効な指標となる検体であるが、鯨目では、採取どころか視認すら 困難であることが多い。新潟市水族館では、条件付け技術を応用し、飼育展示下の3頭のハンドウイルカ Tursiops truncatus に対し、比較的安定的な採尿が可能になっており、尿性状について基礎的なデータを集積しつつある。訓練 の概要と尿性状の一部である尿比重について報告する。
尿は、動物を陸上に乗り上げさせて排尿を待ち、採取する。この時、動物は腹部をトレーナー側に向け横臥姿勢をとる (=サイドランディング(平野地、1999))。

採尿の為にはいくつかの行動を形成しそれらを連鎖する必要がある。条件付けを行った核となる行動は、
①動物に水中で仰臥姿勢を取らせ、体軸 をブールデッキに平行に尾鰭を保持する(=ハズバンドリー姿勢)。
②通常排尿までの時間は呼吸間隔を越える為、何度か 体を捻転させ呼吸の機会を与えながら、排尿を待つ。
③排尿を視認する。
④腹部をトレーナー側に向けサイドランディング させる。
⑤排尿の確認と採取。である。
強化子には、笛、餌、トレーナーの手による接触刺激を用いた。2001年6月12 日から7月11日にかけて、1日3回の採尿を目標とした集中的な検体採取からは以下の尿比重結果が得られた。(平均,標 準偏差,範囲,標本数)=(1.053,0.004,1.045-1.060,54), (1.039,0.004,1.031-1.050,77), (1.043,0.003,1.037-1.053,76)。

▲上へもどる

イルカのランディング行動の応用と有用性

1999年 第25回 海獣技術者研究会

展示課 鈴木倫明、加藤治彦、野村卓之、松本輝代、○平野訓子、田村広野

マリンピア日本海では、3頭のハンドウイルカ Tursiops truncatus に対して、3種類のランディング行動を形成し、飼育と 展示面で応用している。そこでこのランディング行動の応用と有用性について報告する。
基本となる行動は、1.腹部を下にステージに上がる「ランディング」、2.体側を下にステージに上がる「サイドランディング」、3. ランディング又はサイドランディングの状態でステージを滑る「グライディンク」である。これに方向性を加えた応用行動は、計 12パターンある。
ランディング及びサイドランディング行動は、現在、体表・眼球・口腔内の検査と治療、触診、身体各部の 計測、体重測定、聴診(肺、心音)、採尿、呼気検査等の健康管理に用いられており、今後、更なる項目(心拍率の測定、 超音波検診など)の追加、調査研究(ランディング時の体温変化など)が期待される。またショーにおいては、外部形態の解 説(哺乳類の特徴、進化)に用いられ、グライディンクは、観客に驚きを与えると共に体表の特徴である滑らかさを伝えるのに 有効である。

▲上へもどる

座礁したハナゴンドウの保護、治療について

1998年 第24回 海獣技術者研究会

展示課 加藤治彦、進藤順治、野村卓之、大和 淳、平野訓子、○田村広野

 

1998年10月6日、新潟県村上市の三面川河口南側の海岸に、1頭のハナゴンドウ(雌、体長269cm)が、生きた状態で打ち上がった。この個体は、村上市から北に位置する山北町脇川周辺で、9月27日以来、数日にわたって陸上から視認 されていて、痩削が著しいため、当館で保護を試みた個体であることが体表の模様から判明した。
ハナゴンドウは、座礁時、瀕死の状態であったため、応急処置(補液、副腎皮質ホルモン剤、抗菌剤等の投与)を施した後、 当館に輸送した。担架に乗せ水中での姿勢を保持し、24時間体制で監視、治療にあたった。身体検査、血液検査と胃 内視鏡検査を定期的に行い、補液、抗菌剤、強肝剤、総合ビタミン剤等を投与し、強制給餌でイカを与えた。
10月10日、胃出血と肺炎が診断されたため、胃粘膜保護剤、呼吸促進剤と気管支拡張剤を投与し、餌料を消化酵素 剤を混ぜた流動食に変更した。10月12日からは、長期の吊起による体表のスレや床ずれが顕著になってきたため、1時間半程、介助により遊泳させた。10月14日、肺炎による呼吸不全で死亡した。生存期間は、保護より9日間であった。


治療の様子

漂着時


▲上へもどる

新潟県産モツゴ属のアイソザイムバターン

1996年 第41回水族館技術者研究会

展示課 ○加藤治彦、玄番孝哲
日本海区水産研究所  野口昌之

【目的】
新潟県に分布するモツゴ属 Pseudorasbora 2種、モツゴ P.parva とシナイモツゴ P.pumila pumila の種間及び種内の遺伝的形質の相異を明らかにする。

【方法】
県内の10地点から採集された24個体(モツゴ:3地点、11個体/シナイモツゴ:7地点、13個体)を用い、デンプンゲル電気泳動法により筋肉中の5酵素(AAT、CAT、GPI、IDH、PGM)についてアイソザイムパターンを比較した。

【結果】
1. AAT,CAT,GPIで、モツゴとシナイモツゴの間に明瞭な差が見られた。種の識別に有効であり、交雑種の検出にも有効である可能性がある。
2. IDHとPGMでは、全ての個体のアイソザイムパターンに変異は見られず、種間、種内で共通であった。
3.モツゴGPIのアイソザイムパターンは、他県の標本の分析結果(内山、1987)と異なった。地理的変異について検討の余地がある。
4.シナイモツゴの5酵素全ての泳動パターンは同じであり、遺伝的変異は見い出せなかった。

▲上へもどる

新潟市水族館の役割としてのシナイモツゴの分布調査

1995年 第40回 水族館技術者研究会

展示課 ○加藤治彦

「絶滅のおそれのある野生生物」シナイモツゴ Pseudorasbora pumila pumila Miyadi は コイ目コイ科ヒガイ亜科モツゴ属の小型淡水魚で、「絶滅危惧種」ウシモツゴの基亜種である。 分布域は関東、東北地方とされているが、最近では新潟、山形、秋田、宮城4県での残存情報があるに過ぎない。 新潟市水族館では、1995年9月28日から10月26日にかけて、新潟県内及び隣接域における本亜種分布の現況を知るため調査を実施した。 調査は、自然保護センターとしてシフトしつつある水族館のパラダイムの中で、 「絶滅のおそれのある種の個体群とその自然生態系の保存を支援する活動」を行う 「分布域に立地する水族館の果たすべき役割の一分野」として位置付けられる。

目的:
1)野生生物の分布調査が水族館の恒常的な活動となった場合のコスト算出のための基礎データの収集。
2)シナイモツゴの分布状況の把握。

方法:
調査地では、水質測定及び捕獲器(セルビン、網素材のドウ)と手網による採集を行った。採集されたモツゴ属魚類 は双眼実体顕微鏡下で観察し、側線を標徴に、完全なものをモツゴ、不完全なものをシナイモツゴと同定した。

結果:
調査8日間で、総調査地数は43、調査費用は1回当たり約3千円であった。シナイモツゴは43調査地中9地点で採集され、 43調査地中3地点でモツゴが採集された。シナイモツゴとモツゴが同一調査地で採集されることはなかった。

 

▲上へもどる