カマイルカの精液中精子数の年変動

2011年 第37回海獣技術者研究会

展示課 加藤治彦,○鶴巻博之,田原正義,村井扶美佳,加藤 結
山際紀子,長谷川泉,榊原陽子,南雲 綾

鯨目の繁殖生理研究の一環としてカマイルカ Lagenorhynchus obliquidens(2001年1月29日野生捕獲,雄,体長220cm,体重120㎏)の精液中精子数を計測したところ年周期性が見られたので報告する.

2010年1月から2011年8月の20か月に渡り,1から4日に1回の頻度で採精し,合計451検体の精液を採取した.採精は上陸横臥姿勢(=サイドランディング(平野他,1999))と生殖溝への接触刺激での陰茎露出,それに後続する射精を条件付け,噴出された精液を採取した.採取された精液の一部をスライドガラスに分取し,光学顕微鏡を用いて1視野400倍(HPF),10視野の精子数を数え,平均数を精液中精子数とした.

精液中精子数の変動範囲は2010年が0-27280(平均368,標準偏差2105,標本数264),2011年が0-22624(平均681,標準偏差2807,標本数187)であった.精子は周年出現し,2010年では6月中旬から10月上旬に,2011年では6月中旬から8月下旬に1000<の高濃度となった.

一方,同時期に測定した(2010年1月27日-2011年8月24日,N=31)血液中テストステロン値の変動は2003年,2004年より得られた報告(新田他,2005)と同様,春から秋に増加する季節性を示した.対象個体においては,5月頃に生起する急激な血中テストステロンの上昇に35-51日遅れて精液中精子が高濃度となる.また,高濃度の期間は血中テストステロンの減少後21-47日間継続するという明らかな年周期性が見られた.精液中精子の高濃度出現が血中テストステロンの上昇後1-2か月遅れて見られ,血中テストステロンの減少後1-2か月継続するという動態は,尿沈渣精子の高濃度の出現(新田他,2005)と同様であった.

報告詳細(別ページへジャンプします)