イルカのランディング行動の応用と有用性

1999年 第25回 海獣技術者研究会

展示課 鈴木倫明、加藤治彦、野村卓之、松本輝代、○平野訓子、田村広野

マリンピア日本海では、3頭のハンドウイルカ Tursiops truncatus に対して、3種類のランディング行動を形成し、飼育と 展示面で応用している。そこでこのランディング行動の応用と有用性について報告する。
基本となる行動は、1.腹部を下にステージに上がる「ランディング」、2.体側を下にステージに上がる「サイドランディング」、3. ランディング又はサイドランディングの状態でステージを滑る「グライディンク」である。これに方向性を加えた応用行動は、計 12パターンある。
ランディング及びサイドランディング行動は、現在、体表・眼球・口腔内の検査と治療、触診、身体各部の 計測、体重測定、聴診(肺、心音)、採尿、呼気検査等の健康管理に用いられており、今後、更なる項目(心拍率の測定、 超音波検診など)の追加、調査研究(ランディング時の体温変化など)が期待される。またショーにおいては、外部形態の解 説(哺乳類の特徴、進化)に用いられ、グライディンクは、観客に驚きを与えると共に体表の特徴である滑らかさを伝えるのに 有効である。