佐渡周辺での冷水系生物の収集、及び水中ロボットによる海底調査について

1992年 第37回水族館技術者研究会

展示課 ○長谷川順二

当館では、1990年のオープン以来、佐渡島の両津湾に生息する冷水系生物の飼育展示を行ってきた。 両津湾の冷水系生物の収集と、これら収集生物の環境展示を充実させるため、鳥羽水族館の協力のもとで行った海底調査について報告する。
収集:10月から5月まで行われているホッコクアカエビを主体としたエビ篭漁に乗船し、これに混獲される生物をこれまでに33種2644点収集した。 収集地点での水深は、200~500mである。輸送には、ポリエチレン製タンク2器(1トン、0.3トン)を用い、水温調整には海水氷を使用し、1~1.5℃を保った。
海底調査:調査期問は、1992年6月10~13日の3日間。調査には、漁船に乗船し、水中ロボット(三井造船RTV300)とアンダーウォーターカメラ(OSPREY杜)を用いた。 調査地点での水深は、150~250mであった。
収集した生物と、海底調査で得られた映像資料を参考に、合わせて展示することにより、より効果的な環境展示が行われた。今後も、このような調査と収集をひきつづき行いたいと思う。