新潟市 水族館 マリンピア日本海
 
 
調査・研究
 
研究会発表 抄録集

2004年 第30回海獣技術者研究会
      飼育下カマイルカの尿性状
  展示課    加藤治彦、新田誠、進藤順治、鈴木倫明

 尿は、非侵害的に得られる生物試料で、動物の健康や生理状態の判断に有効な指標であるが、水中生活者である鯨目尿試料の採取は飼育下 であっても困難なため、その性状に関する報告は少ない。上陸横臥姿勢での排尿行動を条件付け、採取した。雄のカマイルカLegenorhynchus obliquidens 1頭(2002.1.29 野生捕獲、体長220p,体重120s)の尿性状について報告する。 2002年7月10日から2004年6月30日までの約2年間に亘り、約1週間間隔で合計103の尿試料を採取し、 22項目の物理、化学的検査等の結果、以下の知見が得られた。
【物理的検査】
色調:透明淡黄緑色, 尿比重(ATAGO尿比重屈折計ユリコンJE使用):(平均±標準偏差,標本数=)
1.050±0.004,103,採尿量(ml):37.7±33.1,103.
【化学的検査】
pH:6±0.4,102,ウロビリノーゲン(±):100%,タンパク(-):97.1%,糖(-):100%,ビリルビン(-):99.0%,潜血 (-):99.0%.
【電解質濃度】
尿素窒素(mg/dl):2826±308.6,101,クレアチニン(mg/dl):55±11.8,101,Na(mEq/l):247±62.4,102,
K(mEq/l):126±27.8,102,Cl(mEq/l):250±57.4,102,Ca(mg/dl):5±4.3,102,Mg(mg/dl):9±3.7,102,
P(mg/dl):147±40.1,102,浸透圧(m0sm/l):1867±134.9,102.
【沈渣の鏡検(400倍1視野当り)】
赤血球(<1個):99.0%,白血球(<1個):100%,上皮細胞(<1個):99.0%,精子出現頻度:31.1%.  
 

▲目次のページへ戻る▲
 
Copyright(c)2011Niigata city Aquarium All Rights Reserved.