新潟市水族館 マリンピア日本海
 
 
調査・研究
 
研究会発表 抄録集

2003年 第29回海獣技術者研究会
      血尿を呈したハンドウイルカの1症例
展示課    鈴木倫明、加藤治彦、野村卓之、進藤順治、吉田直幸、松本輝代
新田 誠、○栗城智香、山際紀子、長谷川泉

 飼育下のハンドウイルカTursiops truncatus gilli (メス、体重170s,体長257p) に血尿が見られた。症状及び治療経過 について報告する。2001年11月15日、ランディング時に赤色尿を確認。翌日、血液検査、尿検査を実施。尿検査の結果、 尿性状はpH7.5、蛋白+++潜血+++、尿沈渣では多数の赤血球、白血球、リン酸アンモニウム結晶が確認された。血液検 査結果、食欲、体温等の一般状態に異常は認められなかった。症状及び臨床検査結果より膀胱炎並びに尿路結石症 を伴う血尿症と診断。後日、尿培養より大腸菌が分離された。
 治療は、尿培養によって得られた薬剤感受性試験結果に基づいた抗菌剤(OFLX、LVFX、CCL、MINO)と尿路結石治療 剤(ウロカルン)を経口投与とした。治療の結果、6週後の尿培養で細菌の発育が認められなくなり、抗菌剤の投与を終了 した。7週以降から尿は黄色を呈し、9週後にはpH6.0と酸性化し、潜血、蛋白は減少、尿沈渣はリン酸アンモニウム結晶 の消失、赤血球数の減少が見られた。14週後の尿検査において、尿は透明感のある黄色。pH6.0、尿沈渣で顕微鏡的 な微少出血が見られる程度となった。以後、潜血は確認されない。尿路結石治療剤は予防の為半年程使用した。
 受診動作訓練に基づく定期的尿採取及び検査を実施し、結果を基に適切な治療が行え、治癒の転帰をとった。2003 年8月21日現在、再発は見られない。


▲目次のページへ戻る▲
 
Copyright(c)2011Niigata city Aquarium All Rights Reserved.