マリンピア日本海からのお知らせ

「大人のための写真教室」参加者募集(終了しました)

水族館で生き物の写真などを上手く撮影するための工夫を水族館のスタッフが伝授します。
ご自身の使用されているデジタルカメラ(一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ)を持って来ていただきます。

○開催日時 2017年10月8日(日)
○会場 新潟市水族館マリンピア日本海
○対象 高校生以上 20名
○参加費 ひとり300円(別途入館料が必要です。年間パスポート利用可)

コース
番号 コース名 時間 対象者
初心者コース 9:30~16:45 マニュアル設定などわからない方
中上級者コース 13:30~16:45 カメラの使い方について理解している方

○申込方法 はがきでご応募ください。
記入事項:希望コース・参加者の郵便番号・住所・氏名・年齢・持参予定のデジカメの機種名
応募先:〒951-8555 マリンピア日本海「水族館写真教室」係

※9/29(金)必着。
※応募多数の場合抽選となります。

メガネモチノウオ(講師作例)

メガネモチノウオ(講師作例)

フンボルトペンギン(講師作例)

フンボルトペンギン(講師作例)

アカムツ

アカムツ(講師作例)

▲上へもどる

ナイトツアーを開催します(応募受付終了しました)

マリンピア日本海ナイトツアースタッフの案内で夜の水族館を観察します。

ウミホタルの発光実験も体験できます。

日程:9月15日(金)・16日(土)・22日(金)・ 23日(祝土)

時間:午後6時半~9時

対象・定員:小学生以上、各日20人(小学生は保護者の参加が必要、応募多数の場合抽選)

参加費:大人(高校生以上)2,000円、小・中学生 1,000円
※他に入館料は必要ありません。年間パスポートの使用はできません。

応募方法:マリンピア日本海ナイトツアー
ハガキに「参加希望日」、代表者の「郵便番号」「住所」「電話番号」、 参加者全員の「氏名(ふりがな)」「年齢(学年)」を記入しマリンピア日本海へ
※ハガキ1枚で4人まで申込できます(保護者含む)。

応募先:〒951-8555  新潟市水族館マリンピア日本海「ナイトツアー」係
※郵便番号と館名だけで届きます。

応募締切:9月1日(金)必着(応募受付終了しました)

その他:
・未就学のお子様をお連れになっての参加はできません。
・ハガキ1枚で1日のお申し込みとさせていただきます。複数日に申し込まれる場合はハガキを別にしてください。

▲上へもどる

「世界カワウソの日」特別イベント5月27日・28日(終了しました)

ユーラシアカワウソ・アヤメ

ユーラシアカワウソ

5月31日はInternational Otter Survival Fund外部リンクです。当サイトを離れます。がカワウソの啓発活動を行うために制定した「World Otter Day(世界カワウソの日)」です。

マリンピア日本海で飼育しているユーラシアカワウソの現状や、飼育園館での取り組みを広く知っていただくために、5月27日(土)・28日(日)の2日間、特別イベントを開催します。
「カワウソの話」では、ユーラシアカワウソをはじめ、海のカワウソであるラッコについても紹介します。
そのほか、ぬりえ式手足パズルや缶バッジ作り、毛皮(標本)に触る体験などを行いますのでぜひお越しください。


開催日時:2017年5月27日(土)・28日(日) 各日13:00〜15:00 終了しました。多数のご参加ありがとうございました。
場所:本館1階アクアラボ
参加費:無料(要入館)

パズルを通してカワウソを知ろう

パズルを通してカワウソを知ろう

イベント内容
カワウソの話 13:00~13:20
カワウソ缶バッジ作り 13:20~15:00
1日限定50個
①終了後に整理券を配付します
カワウソぬりえ式手足パズル体験 13:20~15:00
カワウソの毛皮(標本)に触ってみよう
▲上へもどる

春期特別展示「新潟の淡水カメ」(終了しました)

新潟県内に⽣息する淡⽔カメは、ニホンスッポン・ニホンイシガメ・クサガメ・ミシシッピアカミミガメの4 種です。
ニホンイシガメのように⽇本固有種で環境省のレッドリストに記載される種や、ミシシッピアカミミガメのように国外外来種で、近年、爆発的に増え環境省の⽣態系被害防⽌外来種リストに記載されている種など、由来・カテゴリー・⽣息状況もそれぞれ⼤きく異なり、競合や交雑など様々な問題が起きています。

この展⽰では新潟に⽣息する4 種の⽣体展⽰を中⼼に、カメ類の特徴や国内外からの外来種問題などをパネルで解説し、県内の淡⽔カメについて紹介します。


日程:2017年4月28日(金)〜6月11日(日)
会場:本館1階 企画展示室(入館料が必要です)
展示内容:
・生体展示 ニホンスッポン・ニホンイシガメ・クサガメ・ミシシッピアカミミガメ
・パネル展示 新潟に⽣息する淡⽔カメの紹介と、外来種問題など


特別講演会「新潟県の淡水カメ類 …希少種と外来種」(終了)
県内の在来生物の保護活動や外来生物対策に取り組んでおられる井上信夫氏を講師にお迎えし、日本固有の在来種であるニホンイシガメや、近年問題となっているミシシッピアカミミガメをはじめとする国外外来種などについて、県内の淡水カメ類の現状について講演していただきます。
この講演会により、身近な水辺の生態系や環境多様性の大切さについて考えるきっかけを提供したいと考えています。
日時:2017年5月20日(土)14:00~16:00 終了しました。多数のご来場ありがとうございました。
会場:本館2階 団体休憩室
講師:井上信夫 氏(新潟市潟環境研究所協力研究員)
参加費:無料(入館料は不要です)
申込方法:住所、氏名、年齢、電話番号を添えてTELまたはEメール(esd@marinepia.or.jp)にてお申し込みください。

▲上へもどる

熊本地震被災園館義援金 ご協力ありがとうございました

「熊本地震被災園館義援金」ご協力ありがとうございました

当館では 164,854円 の募金をいただきました。

頂いた募金は(公社)日本動物園水族館協会に送金いたしました。

皆様のご厚意は被災園館の支援として役立てられます。

 

 

 

▲上へもどる

にいがたフィールド用 貸出傘を設置しています

屋外展示施設「にいがたフィールド」を雨の日でも快適にお楽しみいただけるように、貸出用の傘を設置しています。
どうぞご利用ください。

「にいがたフィールド」の生物情報はtwitter@marinepiaで配信しています。

▲上へもどる

熊本地震義援金 ご協力ありがとうございました

「熊本地震義援金」ご協力ありがとうございました

当館では 19,853円 の募金をいただきました。

皆様からいただいたご厚意は、日本赤十字社新潟県支部を通して被災地の支援として役立てられます。

 

 

 

▲上へもどる

駐車場を増設しました

KIMG22771駐車場を普通車56台分増設しました。

正面入口向かって左側です。(画像矢印部)

3/26(土)からご利用いただけます。

 

▲上へもどる

NGT48「NIIGATAから始まるミライがある」公開されました

NGT48出演、新潟商工会議所制作「NIIGATAから始まるミライがある」PR動画が公開されました。
新潟の魅力が満載のムービー、当館も新潟の人気スポットとして登場しています。
ぜひご覧ください。

http://www.niigata-cci.or.jp/ngt48/(当サイトを離れます)

▲上へもどる