いきもの情報

アカムツ(のどぐろ)を稚魚期まで育成することに成功しました

マリンピア日本海では、独立行政法人水産総合研究センター日本海区水産研究所、富山県農林水産総合技術センター水産研究所との共同研究で、アカムツ(のどぐろ)を稚魚期まで人工的に育成することに初めて成功しました。
11月22日時点でふ化後約60日、全長20mmほどに成長しています。

2月6日時点で全長約40mmに成長しています。

リンク:
独立行政法人水産総合研究センターのホームページ

アカムツ孵化5時間後 体長1.81㎜

アカムツ孵化5時間後 体長1.81㎜

アカムツ稚魚 51日目 体長18.2㎜

アカムツ稚魚 51日目 体長18.2㎜

 

▲上へもどる

調査・研究「漂着混獲動物 記録」を更新

調査・研究「漂着混獲動物 記録」を更新しました。

▲上へもどる

調査・研究「研究会発表 抄録集」を更新

調査・研究「研究会発表 抄録集」を更新しました(2012年度以降分)。

▲上へもどる

トドの仔 順調に9ヶ月経過

トド9ヶ月

トド9ヶ月

昨年6月30日に生まれたトドの仔獣は順調に成長し、9ヶ月が過ぎました。

トドの授乳期間は1年以上と長く、現在も母親のナーシと共にバックヤードで飼育中です。

展示エリアへのデビューは離乳した後、飼育員の与える餌の魚を食べられるようになる秋頃となる見込みです。

バックヤードでの様子は、マリンサファリ1階の「トドの仔観察TVモニター」でご覧いただけます。

▲上へもどる