いきもの情報

フンボルトペンギン幼鳥の換羽が終わりました

換羽中のフンボルトペンギン幼鳥 No.212(緑白赤) 2016/8/17撮影

現在展示しているフンボルトペンギン幼鳥8羽のうち、2015年11月うまれの4羽の換羽が終わりました。
現在は成鳥と同じ外見ですので探してみてください。

個体No.209(タグの色:黄青茶
個体No.210(タグの色:黄青黄
個体No.211(タグの色:黄青緑
個体No.212(タグの色:緑白赤

 

展示中のフンボルトペンギン幼鳥についてはこちらをご覧ください。
・2015年11月生まれ4羽、2016年3月生まれ2羽
・2016年5月生まれ2羽

▲上へもどる

ロクセンスズメダイの繁殖賞を受賞しました

2015年8月25日産まれのロクセンスズメダイ

2015年8月25日産まれのロクセンスズメダイ

マリンピア日本海ではロクセンスズメダイの飼育下繁殖に日本で初めて成功し、繁殖賞を受賞しました。
魚類での繁殖賞の受賞は初めてです。

本種は神奈川県三浦半島~琉球列島の水深1~20mに分布するスズキ目スズメダイ科の魚で、体側の6本の黒色帯が特徴です。

2015年8月25日に東シナ海コーナーのサンゴ礁水槽で産卵を確認し、卵を予備槽に移動しました。
約5日で卵から全長3mmほどの仔魚がふ化しました。
仔稚魚にはシオミズツボワムシやアルテミア幼生などの動物プランクトン、人工飼料を与え、育成に成功しました。
「育成室」及び「東シナ海」コーナーの「サンゴ礁」水槽でご覧いただけます。

産卵中の雌雄

産卵中の雌雄

ふ化直後の仔魚

ふ化直後の仔魚

繁殖賞プレート

繁殖賞プレート


■繁殖賞とは
種の保存に関連する賞です。
公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)加盟の動物園・水族館で飼育している動物で、国内で初めての繁殖に成功し、6ヵ月以上生存した場合に授与されます。
技術をたたえ、公開することにより、繁殖技術の向上と希少動物の保存に資することを目的とした賞です。
当館では第8種目の受賞となります。→繁殖賞受賞実績

▲上へもどる

コブダイの幼魚を展示しました

コブダイ幼魚

コブダイ幼魚

石川県の「のとじま水族館」の協力により採集されたコブダイの幼魚を展示しています。

コブダイは、全長80cmほどまで成長する魚で、全身は赤色、オスの成魚では頭部が大きく張り出しコブがついているように見えるのが特徴です。

しかし、幼魚期では全く異なる体色をしています。幼魚の体色はオレンジ色で体側に1本の白色縦線が見られます。

コブダイの成魚はなわばりを形成し、近づいてきた同種に対して攻撃を繰り返します。しかし、幼魚は攻撃されにくいことから、幼魚期の体色は成魚からの攻撃をかわす効果があるのではないかと思われます。

コブダイの成魚は、「日本海大水槽」、「対馬海峡を越えて」コーナーの「新潟の岩礁」水槽、幼魚は、「黒潮洗う太平洋岸」コーナーの「太平洋沿岸」水槽で見られます。

 

SONY DSC

コブダイ成魚

幼魚期の白色縦線は、成長とともに消失してしまいます。コブダイの成長過程については、本館地下の観覧通路に設置してある「パラパラ魚マンガ」でも詳しく紹介しています。併せてご覧ください。

▲上へもどる

フンボルトペンギンのヒナ+2羽展示デビュー(8/8)

5月生まれの幼鳥(ヒナ)2羽が7月12日から餌を食べる練習を始め、8月1日に自力で食べられるようになったため8月8日に展示デビューしました。
先に展示デビューしている幼鳥(ヒナ)6羽とあわせてどうぞご覧下さい。

 

個体no.218 個体番号218
2016.5.8生
タグの色:緑赤白□(腹側から読みます)
個体no.219 個体番号219
2016.5.10生
タグの色:緑赤茶(腹側から読みます)
▲上へもどる

シキシマハナダイを採集しました

予備水槽のシキシマハナダイ

予備水槽のシキシマハナダイ

船上のテンタルで泳ぐシキシマハナダイ

船上のテンタルで泳ぐシキシマハナダイ

シキシマハナダイは、太平洋や日本海の水深50~200mの岩礁域に生息している魚です。
日本海では新潟県が北限域とされ、たまに捕獲情報が水族館に寄せられます。
この魚が釣られると水族館に情報が寄せられる理由は、本種の体色が新潟の沿岸魚とはかけ離れているためではないかと思われます。
シキシマハナダイはとてもきれいな魚で、オレンジ色にピンク色のラインが入るなど、熱帯の海に生息している魚種を思い浮かべるような体色をしています。
そのため熱帯魚が釣れたと錯覚してしまうのかもしれません。

本種は新潟県にも生息していますが、このたびの採集は生息密度の濃い太平洋の相模湾で行いました。

この時期のシキシマハナダイは水深70m前後と本種の生息深度ではもっとも浅い場所で採集できることから、釣りによる採集を試みました。
浅いとはいえ、ビルの1階が3.5m程度と考えると約20階分の深さになります。
釣り上げたシキシマハナダイは、水圧の急激な減圧にさらされるため腸の一部が肛門から飛び出した状態で、飼育できるか疑問の残る採集が続きました。
それでも、7尾が正常に遊泳できる状態で採集できたため、水温15℃で丁寧に酸素パックして新潟まで輸送し、バックヤードの予備水槽で傷や減圧症の治療を行いました。
約1か月間の静養の結果、3尾のシキシマハナダイが展示水槽にデビューすることができました。

本種は、「黒潮洗う太平洋岸」コーナーの「太平洋沿岸 水深100~200m」水槽でご覧いただけます。

▲上へもどる

「リュウグウノツカイ」の剥製を展示しました

リュウグウノツカイ剥製

リュウグウノツカイ剥製

マリンピア日本海では、2016年2月8日に佐渡市黒姫の定置網で捕獲され、剥製化した「リュウグウノツカイ」標本をエントランスエリアに展示しましたのでお知らせします。

特別展示で見逃されたお客様も是非ご覧ください。

展示場所   本館エントランスエリア

 

▲上へもどる

フンボルトペンギンのヒナが展示デビューしました

昨年度に孵化したフンボルトペンギンのヒナ計6羽が展示デビューしました。

今年デビューのヒナは産卵から孵化まで40日前後、孵化時の体重は80~90グラム前後でした。
性別は不明です。(フンボルトペンギンの性別は外見からはわかりません)
孵化から約1ヶ月半~2ヶ月ほどで親元を離れ、その後約1ヶ月かけて餌を食べる練習や、泳ぐ練習をしていました。

しばらくの間は、他のペンギンに攻撃されたり、餌をうまく食べられなかったりしますが、徐々に慣れていきます。
展示デビューしたヒナをどうぞご覧ください。

【2016年3月うまれのヒナ 2羽】

個体番号 216
孵化日 2016年3月21日
デビュー日 2016年6月13日
デビュー時の体重 3250g
タグの色 緑白緑(腹側から読みます)
216
個体番号217
孵化日 2016年3月24日
デビュー日 2016年6月13日
デビュー時の体重 3535g
タグの色 緑白青(腹側から読みます)
217

【2015年11月うまれのヒナ 4羽】

個体番号 209
孵化日 2015年11月17日
デビュー日 2016年2月4日
デビュー時の体重 3700g
タグの色 黄青茶(腹側から読みます)
209
個体番号210
孵化日 2015年11月21日
デビュー日 2016年1月26日
デビュー時の体重 3700g
タグの色 黄青黄(腹側から読みます)
 210
個体番号211
孵化日 2015年11月21日
デビュー日 2016年1月26日
デビュー時の体重 2700g
タグの色 黄青緑(腹側から読みます)
 211
個体番号212
孵化日 2015年11月24日
デビュー日 2015年2月12日
デビュー時の体重 2500g
タグの色 緑白赤(腹側から読みます)
212

ヒナの成長の様子はこちら

生後1日目のヒナ(体重88g)  撮影日 2015.11.24

生後1日目のヒナ(体重88g) 
撮影日 2015.11.24

巣の中にいる個体No.211 撮影日 2015.12.31

巣の中にいる個体番号211
撮影日 2015.12.31

巣の中にいる個体No.209(左)・210(右) 撮影日 2015.12.31

巣の中にいる個体番号209(左)・210(右)
撮影日 2015.12.31

pen1606-2

バックヤードで泳ぐ練習をする個体番号216と217
撮影日 2016.6.3

▲上へもどる

マイワシを搬入しました

日本海大水槽のマイワシ

日本海大水槽のマイワシ

魚類輸送専用車両を使用し、友好提携水族館アクアマリンふくしまとの生物交換で、マイワシ約7,300尾を日本海大水槽へ搬入しましたのでお知らせします。

マイワシ
Sardinops melanostictus
条鰭綱 ニシン目 ニシン科

 

▲上へもどる

能生で深海生物の採集をおこないました

新潟県糸魚川市能生の上越漁業協同組合能生支所のご協力で深海生物の採集を行いました。能生漁港でカニ漁を行っている海富丸に乗船させていただき、水深900m付近のカニかごで混獲される深海魚イサゴビクニンを採集することができました。

イサゴビクニンは大型の深海魚で、大きなものでは70㎝くらいまで成長します。吸盤状に変形した腹鰭を持ち、水槽の壁や岩に吸い付いている様子が観察できます。

日本海固有水コーナーにて展示しています。

カニかご

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲上へもどる

魚類輸送専用車両を新たに導入しました

マリンピア日本海 魚類輸送専用車両 マリンピア日本海 魚類輸送専用車両

魚類輸送専用車両は、水槽壁に100mm厚の断熱材を用いた容量2.3㎥と0.6㎥の水槽2基を搭載した特別仕様トラックで、生物に対する加速度の低減に配慮し、排気ブレーキ・可変式エアサスペンションを装備しています。

水槽には底面濾過装置、コンプレッサー式散気装置、酸素注入装置、水槽内監視システム等のライフサポートシステムを備えています。また、内壁には魚類の衝突回避に効果的な格子模様を配す等、最新鋭の水族館用魚類輸送車両となっています。

本車両の導入により、冷水性魚類や外洋性魚類などを好環境のまま長距離輸送することが可能となり、生存率の改善に有効と思われます。

今後も、展示テーマに沿った様々な魚類を輸送し、展示内容の魅力の向上に努めます。

新着生物に関する情報は、本HPの「いきもの情報」等にて都度お知らせしてまいります。

水温管理システム

水温管理システム

水槽内監視モニター 

水槽内監視モニター

▲上へもどる