死亡漂着オウギハクジラの調査を行いました

新潟市西区に漂着したオウギハクジラ20160307

新潟市西区に漂着したオウギハクジラ

死亡漂着オウギハクジラの調査を行いました

平成28年3月6日に新潟市西区の海岸で死亡漂着したオウギハクジラの調査を行いました。

オウギハクジラは、成体5-5.5m(出生体長2.1-2.3m)、北太平洋の温帯から亜寒帯の海域に分布します。深海性のイカや小型魚類を捕食します。
オスの下顎には扇形をした大きな牙があるのが特徴で、名前の由来となっています。

漂着個体は、体長約5m・体重約1050㎏のメスでした。

マリンピア日本海では過去に20例ほど漂着した同種の調査を行っています。

————————————–
マリンピア日本海では、海岸などに漂着した生物の記録・調査を行っています。>漂着混獲動物 記録
海岸でクジラ等を見つけた時は、マリンピア日本海まで連絡をお願いします。
※細菌感染等の恐れがありますので漂着生物には触れないでください。