よくあるご質問

Q1:イルカショーは毎日やっていますか。 雨の日は。

イルカショーは天候にかかわらず通年毎日開催です。春から秋にかけては屋外のドルフィンスタジアム、冬期は屋内プールにて行います (冬期間でもお客様が多い場合は屋外のドルフィンスタジアムで行うことがあります)。
ドルフィンスタジアムの観客席には屋根がかかっていますので、大雨や強風時以外は雨にぬれることはありません(台風など悪天候の場合は屋内プールで行うことがあります)。
▲上へもどる

Q2:イルカに触れたいです!触れる事ができますか。

イルカショーで数名のお客様に皆様の代表としてイルカに触れていただき、ご感想を
お話いただいています(ショーの構成上、触れないこともあります)。ご参加をお
待ちしております。
▲上へもどる

Q3:観覧に必要な時間は。

イルカショー(15~20分)を含めて約2時間弱です。お食事時間は別。
▲上へもどる

Q4:観覧にかさは必要ですか。

観覧施設のなかで「マリンサファリ」と「ペンギン海岸」「にいがたフィールド」は屋外施設です。観覧通路には簡単な雨よけの屋根が設置されていますが、大雨や強風時はかさが必要です。ゆっくりご覧になるためにも雨の日はかさをご用意いただくことをお勧めします。
また、専用駐車場から入館まで(徒歩1分)はかさが必要です(かさ置き場のご用意はございません)。
▲上へもどる

Q5:駐車場は。

専用駐車場(750台)、バス駐車場(大型で8台)のほか、専用駐車場が満車の際は臨時駐車場にご案内します。立て看板や警備員の誘導にてお進みください。 数カ所あります臨時駐車場は、専用駐車場に比較して遠くなったり、路面状況が悪くなったりいたしますが、どうかお許しください。
また、これらとは別に本館構内には身障者用駐車場10台があります。いずれも無料です。
▲上へもどる

Q6:喫煙場所は。

敷地内は「建物内」「建物外」ともにすべて禁煙です。
▲上へもどる

Q7:車いすやベビーカーの貸し出しは。

車イス8台、ベビーカー23台をご用意しています。数に限りがありますのでご予約は承っておりません。確実にお使いいただくため、日頃お使いのものをご用意いただくのが一番です。
▲上へもどる

Q8:おむつの交換場所や授乳スペースはありますか。ミルク用のお湯はありますか。

授乳室におむつ交換台と調乳用温水器があります。
また、館内受付に電気ポット(98℃)のお湯があります。受付にてお申し付けください。
▲上へもどる

Q9:ペットの入館はできますか。

館内では動物を飼育しているためペットとご一緒での入館はできません。館外に係留スペースが少しあります。事前にご相談下さい。ほじょ犬は入館できます。
▲上へもどる

Q10:コインロッカーに入らない大型の荷物は預かってもらえますか。

300円にて館内受付でお預かりします。
▲上へもどる

Q11:電気自動車 充電ステーションは。

200V 用が1台分あります。ご利用前に「充電ステーションご利用方法をご確認ください。
▲上へもどる

Q12:記念スタンプはありますか。

館内受付にお声かけください。
▲上へもどる

Q13:団体見学をしたいのですが、予約は必要でしょうか。また、持参したお弁当を食べる場所はありますか。

詳しくは「ご利用案内」のページをごらんください。
▲上へもどる

Q14:一度、館外に出たあと再入館できますか。

一時出場前に、館内受付での手続きが必要です。お声がけください。
▲上へもどる

Q15:館内レストランやミュージアムショップのみの利用はできますか。レストランの予約は必要ですか。

レストランのみのご利用はできません。水族館入館後にご利用下さい。
また、団体でレストランご利用のお客様は直接ご予約をお願いいたします。※夏休み中は予約できません
◇レストラン「海の音 UMINONE
事務所 (有)みさわ TEL:025-266-9748(月~金 10:00~17:00)

ミュージアムショップは無料エリアにありますので、入館せずにご利用可能です。
▲上へもどる

Q16:お酒は飲めますか。

敷地内への酒類の持込はできません。建物内での飲酒は禁止です(館内レストラン・屋外売店でご購入いただいたものは可)。
▲上へもどる

Q17:購入したおみやげを、もう一つ購入したいのですが。

直接店舗にご相談下さい。「マリンピアハート」 TEL:025-222-7677
▲上へもどる

Q18:前売り入館券はありますか。

コンビニでチケットが購入できます。
コンビニ6社[セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルK・サンクス・ミニストップ]のオンライン端末でチケット(購入日から2ヶ月有効)をご購入ください。
ただし販売券種は大人・小人・幼児の普通料金のみです。
券売窓口でお並びいただく必要がありませんのでぜひご利用ください。
▲上へもどる

Q19:プレゼント用入館券はありますか。

水族館券売窓口にて販売しています。ご利用期限のないチケットを特別に発売いたします。お支払いの前にお申しつけください。ただし、免除割引制度の取扱いはありません。
▲上へもどる

Q20:リニューアル前の回数券・前売入館券・招待券の取扱いは。

回数券・前売入館券・招待券はそのままお使いいただけます。
▲上へもどる

Q21:どうしたら、マリンピア日本海で働くことができますか。

マリンピア日本海は、公益財団法人新潟市海洋河川文化財団が管理者に指定されています。
従って職員採用は、欠員が生じた場合に新潟市海洋河川文化財団で決定し、当ホームページでお知らせします。
レストラン、ミュージアムショップの求人は直接お問い合わせください。
▲上へもどる

Q22:イルカセラピーを行う予定はありますか。

当館では、イルカセラピーを行う予定はありません。
現時点で、イルカセラピーについての科学的効果は立証されていません。他施設での行為は、商業的利用もしくは効果を科学的に示すデータ採取の段階ではないかと考えます。

アニマルセラピーは医療行為であり、医師の指導のもと行われるものです。また、アニマルセラピーは動物を使う行為であり、トレーナーなど専門家の指導のもとに動物の危険性を充分に理解する必要があります。
イルカは、イカや魚を毎日数十キロ捕食する肉食性を持ち、かつ数百キロもの体重をもつ動物です。そのような動物を、水中で、人に接近させるのは身体的にも精神的にも非常に高い危険性があります。動物についての十分な知識と経験を持ち、身体能力の高いトレーナーでさえ、咬まれたり打たれたりします。私達、日々イルカと接しているプロフェッショナルとしての立場からすれば、安全が保障されない以上、アニマルセラピーにイルカを用いるべきでないと考えます。

もちろん、私達も「自閉症の治療」や「ご家族のご心労の緩和」を望んでいないわけではありません。しかし、これらは、単なる言葉のイメージを振り回すのではなく、具体的に着実に進めるべき事柄だと考えます。イルカセラピーによる治療の幻を追うのではなく、他の方法、他の動物、他の施設を利用するなど、より合理的な治療方法をお考えいただくことをお奨めします。

水族館でイルカを飼育し展示する目的は、 1、イルカを含む海洋哺乳類に関する正確な情報を提供し 2、野生種に対する敬意の念を醸成し 3、野生種の生存と、海洋環境およびその保全への関心を高めることです。決してイルカが他の種に比較して好奇心が旺盛で人なつこく 、やさしいそしてヒトの疾病を治療する動物であるなどといった誤ったイメージを与えるためではありません。

「どうしてもイルカでなければならない」という様な特別な理由等がお有りの場合は、私共のイルカがお役に立つようなことであれば、個別にご相談に応じさせていただきます。
▲上へもどる

Q23:今飼っている生き物を、水族館に引き取ってもらいたいのですが…

生き物は、最後まで責任を持って飼いましょう。そうでなければ野生生物を収集して家に持ち帰ってはいけません。もし購入したのであればペットショップなどに引きとりを頼んでみてください。
水族館は、展示方針にしたがい生き物を「収集」し、「飼育・展示」しています。個人の生き物は基本的に引き取りません。飼育方法等については、ご相談下さい。
▲上へもどる